media

農経新聞で紹介されました。「経常利益率は全国一位」

11月12日の一面記事において丸勘山形青果市場が紹介されました。

(下記一部抜粋)

個人農家からバラ主体で出荷し、資材コストや労力を削減。需要者が望む形態に商品化し、地元量販店や全国の市場へ出荷。
時宜に合った作付品目の提案による、新規出荷者の獲得と商品開発。生産支援とトレーサビリティの徹底。

これらの「産地市場の基本」ともいえる機能を強化することで、急成長してきたのが、丸勘山形青果市場(佐藤明彦社長)である。

とくに最近では、拡大するコメの減反に目を向け、「空いている育苗ハウスでの新規野菜品目作付」などを生産者に提案。
手数料自由化に向け、機能をますます強化する。

2007 . 11 . 12

pagetop